引越しを行ったら、必ずご近所さん、

引越しを行ったら、必ずご近所さん、そして、大家さんに挨拶をして回るように心がけています。その時に持参する品物は、食品にしています。
無難なのはタオルかなと思いつつも、残念な気がなんとなくしてしまうからです。あまり気の張らない和菓子を買って、配っているのですが、喜ばれているようです。
いざ引越しをするとなると、多くの荷物を詰め込んだダンボールをジャマにならないようあちこち移動させたり、業者さんと共に家具を運搬したりと大忙しです。少しの間頑張っていると、手は赤くなってしまいます。
業者さんの手に目をやってみると、しっかりと軍手をしています。
引越し業者に引越しの依頼をするにしても、自分用の軍手が必ず必要です。
私が転居したアパートはペット禁止のアパートです。
しかし、このところ、お隣から猫の鳴き声が感じ取れるように思いました。
大家さんもそれを承知しており、何度となく苦言をていしたようですが、「育ててない」の一筋だそうです。住居を移転すると、電話番号の変更があり得ます。同一市区町村内の引越の際でも、異なる収容局になると、本来の電話番号が使用不可能になるでしょう。
電話番号が変更になった旨アナウンスをしてもらうことも可能ですが、転居後の住所と変更後の電話番号も報告しておいた方がいいです。
引っ越しをすると、まずはネット回線を開かなければなりいません。
これまで選んでいた会社を使えるといいのですが、引っ越した先次第では今使っている会社が使用できないことがあるので、引っ越す前に確認しておくことが肝要です。
インターネット回線会社に確認してみると知らせてくれる場合もあります。
新しい住まいに引越してから、ガス使用の手続きと説明を執り行わなければなりません。
しかし、ガスはお風呂をはじめ料理のために早急に必要なので、成しうる限り引越し当日に済ませないと、新居でお風呂が使えなくなります。冬は家のお風呂に入れないときついので、計画性をもって申し込んでおいた方が適切かと思います。
引越しをするときはそのための便利グッズを使うと、時間と労力を大いに節約できます。
引越しグッズには、日常的に使える便利アイテムが沢山あるので、買っておいても邪魔にはありません。近年は、100円ショップ内にも便利な引越しアイテムがたくさん売られていますので、ぜひ活用してみてください。
引っ越しが良いか悪いかは、流れをわきまえているかどうかによって結果が出ます。流れは、段取りとも表現されます。この段取りが良くないと、大幅に時間を無駄にしてしまう場合もあります。ただ、こういう事態では、理屈一辺倒で作業するよりも経験で乗り切る事なのかもしれません。
引越し業者へ頼むと、見積もりをいただけると思います。
問題はないケースがほとんどですが、一応確認をしておくことをオススメいたします。
その見積もりに含まれていない場合は、追加で料金を取られるケースもありえます。
わずかでも疑問があったときには、なるべく契約をする前に、聞いてみてください。引っ越しが終わったら、役所で必要な手続きをしていく必要があります。
後、地域の警察署に行って、住所を書き換える必要もあります。
普通は、住民票の写しを持参すると、つつがなく手続きをしてくれます。手続き完了後の免許証の裏面には、新しい住所が乗ってます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP