今の家へと引っ越した時期は、ぴったり春の繁盛

今の家へと引っ越した時期は、ぴったり春の繁盛期でした。何しろ引っ越し業者が忙しく、なかなかこちらが希望している日に予約がおさえられず、かなり苦労しました。最終的に、午前中ですべてのことを終わらせるというハードな予定になってしまいましたが、そう言ってもどうにか引っ越し作業は完璧に終わりました。
引越しを行うときには、ダンボールに荷物を梱包していく作業は面倒くさくても欠かせないことです。やっておいたほうがいいこととしては、重量があったり壊れやすいものは小さい箱へ、軽くてかさばるものは、大きなダンボールへ詰めるようにするというポイントです。また、ダンボールには服や食器といった品名だけでなく、運んで欲しい部屋も書いておくようにするほうが引越しのときにはかなり役立ちます。
姉が現在のアパートから実家である我が家に舞い戻ってくることになりました。作業のため、私と母が、荷物を移動させる前日に引越の準備の手伝いに行きました。
10年も住んでた部屋にみあうだけ、不用な品の数が想像できないような事になっていました。
使わないものを売ってしまうと、軽トラの荷台の約半分になり、想像より楽に引越が終わりました。引越しを業者に要望する場合、ハンガーに吊り下げているコートなどの衣類を事前に外して畳んだりしておくことは要りません。
業者がハンガーが吊るせる大きめの段ボールを持ち込んできてくれて、それに入れた状態で、トラックで輸送してくれます。
シワもくっつかないので、いいですよね。部屋の引越しにあたって、借家だった場合は原状回復義務というものが生じます。
原状回復の義務というものは、借りていた家の室内につけた傷や壊してしまった物などを住む前の状態に戻す為のお金を払う義務のことで、通常はその分を敷金から引かれて、残ったお金が手元に戻ってくるといった形になります。
引越しの際必要なガスの解約は、退去日より相当前から申し込めるので、忘れないよう早急にインターネット等から受付をしておく方が適切です。ただし、引越し当日に立ち会わなければならない場合があるので、時間帯の決め方に注意するようにしてください。引越しので、荷物をまとめる際に皿とかグラスなど、雑貨で割れやすい物はタオルや洋服などで梱包します読み終えた雑誌や、新聞もいいですが、想像以上に量が多くなり、処分が困難です。
引越し作業がお終わると、多くの空のダンボールが出ますし、それに加え紙くずも出ると予想以上に場所を取ってしまいます。
引っ越しの時の住所変更はなかなか面倒くさいものです。
転出届とか転入届などのような役場での手続き以外にもたくさんあります。
関わりのある様々な分野で、住所変更を届けなければいけません。
保険会社に、住所変更を知らせていなかったことを引っ越し以降、二年以上過ぎてから気付きました。
その間、何も起こらなくてよかったです。
引越しの荷造りの時に、予想外にも大変なのがグラスの包み方です。
グラスをパッキングするには、まずはじめに足の部分から梱包材を巻くことが大切です。
梱包材と言うものは、必ずしも専用のものである必要はありません。家の中にある新聞や雑誌、タオルなどで、なんともありません。その後、全体的にしっかり梱包すれば、グラスが割れてしまうことなく運ぶことができます。
引越しをする際、土日・祝日の費用は割高になります。休みは土日や祝日だという人がたくさんいるので、引越す人の希望が集中してしまうからです。電気も使用者の多い日中が料金は高く、夜間は使用者が少ないので安くなりますよね。
可能ならば人とちがう日にすると、引越し代を節約できるでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP