引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思

引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思う方もいるかもしれませんが、やはり近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても必要なものです。
挨拶には贈答品も必要になりますが、のし付けをどうするのが良いのかで戸惑う方も多いようです。
引っ越しの挨拶は堅苦しいものでもありませんし、外のしで表書きには御挨拶を、のし下にはご自身の苗字を記名するように指定すれば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。引越しをするにいたっては、引越し業者を使うのが、よくあることだと思います。
その引越しの時に、ジュースなど飲み物の差し入れをすることはありますが、チップなどを業者に渡す必要はございません。
外国などでは広く用いられているチップではありますが、日本国内であるなら、気にしなくてもよいでしょう。引っ越しをする際、洋服が衣装ケースに入れられていると持ち運びが楽にできます。
僕のお勧めは中身が透けて見えるプラスチックの衣装ケースです。
これだと、中に入っているものが見えるので実に便利です。引っ越しをしますと、しばらく荷物がどこに何が入っているのか分からなくなったりもしますが、衣装ケースに入れておけば、そんな心配がなくなります。
自分の周囲に大変な数のものがある生活を日々送っている方にとって、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは荷造りを完了することでしょう。ものの多さの余り、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったら引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、いいきっかけになったと割り切ってどんどん捨ててしまうようにすればぐっと整理が進むはずです。
部屋を引っ越して出て行く際、扱いに困るのがエアコンです。ただ賃貸住宅の場合、退去時に、物件を管理する人を探してエアコンは今のまま設置して、置いて行きたい、それが可能か知りたいと聞いてみるのが良いです。管理側から見ると、エアコンを残して行ってもらうと、次の入居者がすぐそれを使うことができますから、あっさり希望が通ることがあるのです。そうやってエアコンを置いていくことができればその分、工事費用がかからなくなり、その分、少し節約できるかもしれません。
近年においては、見かけなくなりましたし、ほとんと知らない人もいるようですが、引っ越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といったことを昔からしてきました。元々は、ソバの形状に掛けて「細く長く」お付き合いをと縁起をかつぐ意味合いと、この度お「ソバ」に引っ越してきたので、以後お見知りおきを等という洒落っ気も込めて引っ越してきてご近所となった人々に、振る舞ったり、配ったりしたものだと言われています。引っ越しの得手不得手は、流れをわきまえているかどうかにかかっています。流れは、他の言い方では段取りとも言われています。
この段取りが良くないと、大幅に時間を無駄にしてしまう場合もあります。
とは言え、こういう時は、理屈で理解するよりも経験で乗り切る事なのかもしれません。軍手を用意してから、引っ越しの作業を始めてほしいのです。
荷造りでは手が汚れるだけでなく、使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。荷物を移動させるときのことを考えても、荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。ここで注意してほしいのは、自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手を準備することが大事です。
それなら作業もしやすいですし、荷物も効率よく安全に運べますね。
引っ越しの時の住所変更はなかなか手のかかるものです。
転出届であったり転出届といった役場での手続きのみとはかぎりません。関係するいろいろなところで、住所を変更しなければなりません。
保険会社に、住所変更の届け出をしなかったことを引っ越し完了後、二年以上たった後に気が付きました。
その間、何も起こらなくてよかったです。引っ越しをして、住所が変更された場合、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。
ところで、資格喪失の方は古い方の住所で、加入手続きの方は、新しい住所の方で行います。
手続きに必要なものは、印鑑とそれに、運転免許証やパスポートといった本人確認書類になるものを持って行って手続きをします。
同じ市内での転居であっても転居届は、提出することになっていますので、気を付けましょう。
引っ越しするというイベントそのものは新しい気持ちにもなれて好きなほうなのですが、国民健康保険等の住所変更のために、市役所まで行っていろんな手続きを毎回する必要があるところが、面倒に思います。こういういろいろな手続きだって、ネット上でいつでも手軽に家で行うことができたら凄く助かるのに、と思います。
荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、その中でも、新生活を始めるにあたって、どうしても必要な水道を開通させることは最重要項目の一つでしょう。水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からが便利かというと、事と次第によるものの、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。
そしてちょっと念入りに、転居当日の一週間程前の辺りに使用可能になっていたら、理想的です。
引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。
包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、一個ずつ底から包むのが基本です。
包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、緩衝効果があります。
細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。
専門業者を使うことなく、自分で引っ越し作業をしたいなら荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。というのも、積載量の少ない自家用車での運送が基本になるからで、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して荷造りをしたり、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、このようにすると、包み紙を使わなくていいので荷物の嵩は減り一緒に衣類も運べるという、チョイ技になっています。
万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。
引越しするに際して便利アイテムを活用すると、時間と労力を大いに節約できます。その中には、日常的にも重宝するものが多いので、1つ買っておくのがオススメです。
近年は、100円ショップにおいても便利な引越しアイテムがたくさん販売されていますので、ぜひ活用してみてください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP