東京から埼玉へ転居した時、予定時間が

東京から埼玉へ転居した時、予定時間が十分でなかったため、荷物をまとめるのが大変でした。引越しの日取りは決まっているのに、荷造りが終わりません。
終わりが見えなくてどうしようかと不安で仕方がありませんでした。
最後は、友達に三千円を渡して、手を貸してもらいました。
長年の思いだった一軒家の家を購入しました。引っ越をする前にそれぞれの居室にクーラーを取り付けなければなりません。
クーラーの数は四つ、なかなかの散財です。それでも、大手の電器店でまとめて四つ買うからとお願いすると、かなり割引をしてくれました。
予定していた金額よりも、大幅に安くすみました。
冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、搬出時にゴタゴタすることもあると聞きます。
前日までに、冷蔵庫については入っているものを出し、コンセントを抜き、一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけばもう大丈夫です。
当然ながら、生ものや氷は、引っ越し前日までになくなるようにして、購入するのも計画的にして、しばらく冷蔵庫を使えない状況に備えましょう。
引越しの前日にしなければいけないこととして忘れるとまずいのは、冷蔵庫の排水です。
水抜きの方法を知らない人は何はともあれ冷蔵庫のコンセントを抜いておくことです。
当たり前ですが、中にものを入れてはいけません。
それをやらないと、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけにこのアパートへの引っ越しを決めました。
初めは3年くらいのつもりで実家に戻るつもりだったので、今の住まいへ住所を変更することはしませんでした。しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、ずるずると居続けてしまい、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、よく調べてみるとここの方が税金が安いのでこれからの住所変更もありかな、と思っています。
引っ越しを行う時の手続きの一つに、転出届の申請があります。
ただ、そういった手続きが必要なのは新住所が違う市長村である場合です。
同じ場合は、転居届が必要です。
申請を行うタイミングは、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定次第すぐなど、市町村それぞれ違う場合もありますので、早めに確認することをおすすめします。
引越しをする時には、引越し業者に頼むのが、平均的なことだと思われます。その場合に、ジュースなどの差し入れをしたりはしますが、チップを用意する必要はありません。
海外に行くとチップは広く用いられていますが、日本国内だったら、気にしなくてもよいでしょう。
私は引っ越しをしたのをきっかけに、自宅にたくさんあった不用品を買取りしてもらいました。
もう着ない服や使わない家具など、いろんなものがありました。
業者さんに自宅まで足を運んでもらって、全部まとめて査定をしてもらったのです。
そうすると、思いもよらない査定額となりました。
私のいらなくなったものが、お金になったのです。
すごく嬉しかったです。一回引っ越ししてみれば絶対必要になることとして、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。
引っ越し経験は私にもありますが、簡単な手続きをすれば解約はできます。旧居を引きあげる前に解約しておかないと、請求は自分のところに来てしまうので決して忘れてはなりません。その際、転居後も月末まで料金を請求されるのが普通です。新居への引っ越しを済ませ、住所が変更になったのなら免許証の住所変更は、なるべく早めに手続きしておく方が良いです。運転はほとんどしないからということで、数年先の免許更新時までは免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、運転免許証というのは、運転時の携行以外にも使用することは多いです。例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。他に、スポーツジムの会員になったり、銀行口座の開設時などでも使われます。住所変更はなるべく早めに済ませておいた方が良いでしょう。引っ越し業者の選択は難しいものです。
これまで引っ越ししたことが無いならば、色々な不安もついてまわるでしょう。私が初めての引っ越しを経験した時は引っ越しのサカイで見積もりをとって利用しました。
いろいろと調べたのですが、料金とサービス内容が一番良かったので選びました。
引っ越しの時に対応してくれた従業員の方が、すごく親切だったことが印象的でした。
これ以来サカイさんのファンで、引っ越しの時にはいつもお世話になっています。
経験から言っても、安心感が違うと思います。今後も引っ越しのサカイを使うことは変わらないと思います。どんなケースであっても、引っ越しの前にまず必要になるのが転出届を市区町村役場に提出することです。
複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所に行けば手続きできますし、また、郵送での受付も行っています。
忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。転居届の提出は、転居の2週間前くらいからできるようですので、確認してください。いざ引っ越し作業を始めようというタイミングで、なければ何もはじまらない物は何かと言うなら、とりあえずダンボールを外すことはできません。荷造りではとにかく大活躍します。用途に合わせて使い分けられるように、大小いくつか種類があると作業をスムーズに進めることができるでしょう。
かなり大量に使用することになりますから、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。
しかしながら、何と言っても、引っ越し業者の用意するダンボールを使うのが作業効率の点から見ても良いようです。引っ越しを控えて必要な物と不要な物の仕分けをしてみたら、着々と粗大ゴミが増えてきてしまいます。
家具など、引っ越しで出る粗大ゴミについてはいつものようにゴミの日に出しても、収集してもらえないでしょう。
粗大ゴミは、自治体に処分方法を聞いて決まり通りに処分しましょう。粗大ゴミが、引っ越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、計画を立てて捨てていくようにします。引っ越しに向けた用意は、面倒で煩わしいものです。片付けは慌ててやるものではありませんが、引っ越し準備は当日までに完了していないといけません。不精者の私は、いつ作業を開始しようかと思いめぐらしても、結局切羽詰まってからあたふたと準備する性格です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP