取り返しのつかない事をしてしまいました。一人暮ら

取り返しのつかない事をしてしまいました。一人暮らしを始めるのに、誰からの助けも借りずに自分一人で引っ越しをしたのです。きっとやれるだろうと思っていたのです。
ですが、とても大事にしていた家具に傷が付いてしまったのです。廊下の角を曲がる時、当ててキズを作ってしまいました。たいへん悔やんでいます。
煩雑な書類手続きも、引っ越しの時には増えてきます。
特に重要なものとしては運転免許証と車庫証明ではないでしょうか。運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが本人確認書類として大変重宝しますので、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。
警察署で手続きができる書類ですから、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。そうすると手間が省けるのではないでしょうか。退職して年金をもらうようになると、生活が大きく変わることは避けられません。
これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。
今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、生活そのものが大きく変わるとすると、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。
これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は今のお住まいでは家賃を払いきれないかもしれません。
これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも良いのではないでしょうか。
コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は引っ越し会社から借りることができる運搬専用の衣装ケースがありますから、これによってハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。衣装ケースではなくダンボールを使用した場合は箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。でもこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用するとハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。
新居に到着したら、開梱してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。業者を利用しないで、自分だけで引っ越し作業をしたい場合は荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。というのも、積載量の少ない自家用車での運送が基本になるからで、狭い車内になるべく詰め込むため、適度な大きさのダンボールを使って梱包作業をする、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせて割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。
一例ですが、こういう風に荷物はなるべく減らすよう、算段しましょう。
先日、土日を使って引っ越しました。
引っ越しを終えた日に夕方になって部屋の明かりをつけて「もう自分の家になったんだ」とジワジワきました。
こんなこともめったにないので普段は食べられないようなピザとお寿司をとって、好きなワインも買ってみんなでささやかな乾杯をしました。
まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。
引っ越しの荷物が全て積み込まれるのに、時間がどれくらいかかるかはいつも同じではありません。
何階にある部屋なのか、荷物は何個か、それからスタッフは何人かなど、様々な要因により全く違ってきてしまうのです。そのことを踏まえ、かなりざっくり言うなら、一番規模の小さい、単身の引っ越しなら約30分、普通より、かなり荷物の多い家族であるなら2時間と少し程、だいたい普通の一般家庭の引っ越しなら、これらの範囲内で済むようです。
僕は去年、単身赴任の引っ越しをしました。
サラリーマン生活初の単身の引越しでした。
会社の決まりで複数の会社から金額を見積もってもらい、最も安い業者を選択するのですが、赤帽が選択されました。
最初は不安があったものの、テキパキと引越し作業を進めてくれたので、次に引越しする時にも赤帽を利用したいと思いました。
引っ越し業者に頼む場合でも、自分自身でできる範囲の梱包をやっておけば、比較的、引っ越し料金を節約できます。それに当然、引っ越し作業にかかってくる時間も短くして、ほかのことに時間を使えるようになります。CMやサイトなどの宣伝で全てお任せでOKといっている引っ越し業者でもいろいろなプランが他にもラインナップされてますので、確認してみるほうがよいでしょう。
大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうがエアコン関連です。
エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、取り付け費用も、一台について大体一万円はかかるそうです。エアコンの扱いが、引っ越し作業のオプションとしてつけられているならそんなに高額になることはなさそうです。
しかし、新居にエアコンを運んだのはいいけれど、設置の段取りはしていなかった、という場合は取り付け工事をしてくれる業者を探して頼むか、あるいは、新品を購入して、古いものの引き取りと、取り付け工事もしてもらうか費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。単身赴任の引っ越しを行った際に、業者さんへお渡しする心付けをいくらにしたらよいのか家内と少し、相談しました。引っ越しといっても大掛かりなものではなくスタッフは2人だけで、1時間ちょっとかかっただけの作業でしたから、そうそうおおげさな礼はかえっておかしいかと思い2人には作業中お茶を出したくらいで心付けについては今回は渡しませんでした。
数多くの引っ越し体験がありますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。
「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。
忘れもしない、初めての引っ越しの時、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。
それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、ショックは大きかったです。
とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。
ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。
クロネコヤマトでの引っ越しもよく見ますが、料金はいくらくらいなのでしょう?今はいろいろな引越し業者にどのくらいかかるか値段をきいて引越し業者を選ぶことが多いです。クロネコヤマトも料金の面では他社と大きな差はないかもしれません。しかし、オプションの面で得をしたり、作業員の仕事の質が高いと評判です。
引っ越しが一段落つきましたが、準備で疲れてしまったのは確かです。マンションに住んでいたし、一階ではなかったので大きい荷物の移動は、業者にお願いするしかありません。しかし、近所への引っ越しだったので自分でエレベーターに乗せられる荷物は何日もかけて台車を借りて運び出し、新居へと持っていったのです。台車一台で、よくも運んだものです。
人それぞれ引っ越しの仕方は異なります。荷造りから荷解きまで全部を業者に頼むことにすると、当然それだけ費用がかかります。
なので、単身での引っ越しを予定しているのなら、単身パックというような、そういった方向きの引っ越しサービスがありますから、それを利用するのが良いです。
こうしたコースを選択するだけでも、引っ越しコストは大幅に削れることになりますので、そうやって浮かせたお金は、新しい生活のため使うようにしましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP