この前の土日で、引っ越しを済ませました。

この前の土日で、引っ越しを済ませました。荷物の移動が終わって、玄関の明かりをつけたとき、「これからここで生活するんだ」と実感がわきました。そんなこともあって、その日の夕食は普段ならぜいたく品の宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて引っ越しが無事終わったお祝いをしました。
新居での生活も楽しみいっぱいです。
先日引っ越しをしましたが、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。そうした荷物の移動を終えた後で、市役所に転入届を出しに行きました。
あちこちで思いがけないことがあっても、誰かがどこかで助けてくれて感謝の一言です。
両隣にも挨拶に伺いました。一つ一つ荷物を開けはじめ、後片付けに取りかかりました。引っ越し後に、一人暮らしをする場合には、単身用のパックを頼む方が得する場合が多いです。
また、大きい家具や電化製品を新調するのであれば、業者に頼まずとも、引越しができるかもしれません。
また、一人暮らしの女の方だと、引越し後の近所へのあいさつ回りは控えた方が安全なケースもあります。引越しする日にやることは2つです。
まずは、出ていく部屋では荷物を運搬後に管理会社の立会いで部屋のありさまをチェックすることです。ここでひどい汚れや傷の点検をしますが、このチェックが敷金の相殺や別途クリ—ニング費用の徴収に左右します。
新居ではガスの元栓を開けることが必要です。
これは業者の立ち合いが必ずいります。
引越しの用意で一番大変なのは家中の物をダンボールに入れて行く作業ではないでしょうか。日々の生活の中ではそうそうきがつかないものですが、荷物の箱詰めを始めるとこんなに家中に物があったんだと驚愕します。でも、引越しの作業と一緒に整理も出来る絶好の機会です。
面倒な引っ越し作業に時間を使いたくないという方は、ぜひアート引越センターを使ってみて下さい。
面倒な準備作業を計画通りに進みます。
段ボールの準備から家具の梱包や搬送まで引っ越し作業を支援してくれるでしょう。
家具運びについても誠実に対応してくれますから安心して任せられますから、順調に転居先に移ることができます。住み替えをする上で最も気にかける事案は、その費用だと考えます。近年は、一括見積もり等も満たされてきており、その中で一番安い引越し会社を選ぶ事も沢山あるでしょう。ただ、費用が安価ということだけに捉われていると、サービスの質がそっちのけになる事もあるので、十分な注意や確認が不可欠です。
様々なものが身の周りにあふれている生活をしている方がいるとすれば、その方が引っ越すとき最も大変なのは荷造りを完了することでしょう。
どんなに周りが協力しても、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったらもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、これを一つの契機としてどんどん捨ててしまうようにすればその後の生活が変わっていくでしょう。
引越しが完了してから、ガスを使うための手続きと説明をやらなければいけません。
しかし、ガスはお風呂をはじめ料理のために必需品なので、できるだけ当日に済ませないと、新居でお風呂に入れなくなります。
冬は家のお風呂に入れないときついので、早めに受け付けておいた方がいいかなと思います。
自分の引っ越しといえば結婚のときですが、よく荷物を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。
専門の業者にお願いした引っ越し自体が全く初めてではじめの電話だけでも緊張し通しでした。
最初から最後まで、それぞれのスタッフの方にてきぱきした対応、丁寧な作業で、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。次の引っ越しでは人数も荷物も変わるでしょうが、ぜひお願いしたいと思います。我が家の洗濯機はドラム式なんです。二年前、転勤で引っ越しをしました。新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付き引っ越し業者に連絡を入れてみました。水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていてそれが漏れて出てきて、箱を濡らし、そんな状態で荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、洗濯機のホースから水を抜いておく、ということは思いつきませんでしたしもし次の機会があれば、その時は気を付けたいです。
引っ越しを終えると、まずはネット回線を開かなければなりいません。今まで契約していた会社を使うことが可能ならばいいのですが、引っ越し先いかんによっては今使用している会社を使えないことがあるので、引っ越す前に、確かめておくことが肝要です。
ネット回線会社に聞いてみると、教えてもらえることもあります。軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。
荷造りでは手が汚れるだけでなく、カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、ケガの危険性はかなり高いのです。
荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。
ここで注意してほしいのは、自分の手にジャストフィットする、きちんとした滑り止めがついた軍手を準備することが大事です。
手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。
引っ越すので、荷造りの時に皿やグラス、雑貨で破損しやすい物はタオルや洋服に包んで荷造りします不要になった雑誌や新聞紙もいいですが、思ったより量が多くなり、処分することが困難です。転居が完了すると、多くの空ダンボールが発生しますし、それに加え紙ゴミも発生すると案外場所を取ってしまいます。
引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)は「引っ越しは、日通」のキャッチコピーとともに、誰でも知っている事業になりました。
昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、引越社とか引越センターの会社名しかないイメージを持っていたのではないでしょうか。
しかし、最近は運送会社がどんどん家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。
運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手であればサービスもしっかりしています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP